· 

第三弾 若手のパティシエ他、未来ある人たちへ・・・ 給料をあげたいあなたへ

給料をあげる!

永遠の課題なのかもしれませんが

 

今回は

自分は洋菓子屋さんなので洋菓子屋さんに向けた

話を書きたいと思います。

 

他の職種の人でも、なにか引っかかればと思います。

 

若い子たちや中堅パティシエといった人で辞めた人の理由で、上位に来る理由。【給料が少ない】ということ

 

まぁ確かに多くはない・・・。

 

しかし自分で言うのもなんですが

修業時代9年ありましたが、初めの2件はケーキ屋さんらしいお給料で仕事をやっていましたが、3店目、特に4店舗目はたくさんの給料を頂いてました。しかし始発から終電まで働く生活。たくさんの給料があったからこそ、気づきたのですがお金じゃないということで、自分の店をオープンし、やりがいを求めて冒険に出ることになりました。

 

 自分がたくさんもらっていた話はさておき

なぜケーキ屋さんの給料が少ないのか?というと、まずはじめに、あなた自身がそれほど会社にとって貢献していないということが大きい。『いや、俺は頑張ってるよ、いっぱい仕事しているよ!、まだ働かす気?』という声が聞こえてきそうですが、頑張って働いてるのは、あくまでもその人の主観なわけで、実際どうなのか?ということなんですよね

 

 まず

①そのお店のこと全部把握して、できてますか?もし製造で雇われてるなら製造に関することすべて。販売で雇われてるなら販売すべて。両方共で雇われているなら両方とも。もちろん、お店は新しい人に教える義務はあるともいます。それはなぜかというと、やってもらわないと、できないと困るからであり、単刀直入にいうと、【できてすごいね】ではなくて出来て初めてスタートラインに立っている】ということ。

 ここがまず大事なところ。全部作れて初めて、そのお店のスタートに立てるということなんですね。そのスタート地点までなら、基本誰でもできるということなんです。言い換えると変わりがいるという事。そこにも達していないのに辞めていってしまうから、あなたの給料は安いままだし、オーナー側も結局辞めるんだろ?となんども頭打ってるので、給料をあげたくてもあげれません。あなたにとって給料かもしれませんが、お店にとっては投資なんですね。経費なんです。会社にあるお金から、経費として広告宣伝に使うのか

利益に使うのか?材料につかうのか?そんなことを考えながら、売り上げ利益を出しているわけです。

 

 人件費ってものすごく大事です。お金がやりがいにもなるし、もちろん物は人が作るんだから、この雇った人が、どのようにしてお客様を喜ばして、お店に売り上げや利益を増やしていけるのか?働く側もその視点でいないと、給料は一生上がらないと断言しておきます。あなたの給料はお客様より頂いたお金から、払われている。はたしてあなたはどれだけ?貢献しましたかお客様に感動を与えましたか?今一度考えてもらえたらと思います。

 仕事を教えてもらい、できていくことはすごい、だけどそれはスタートラインに立ったことであり、言われたこと、今ある会社の状態を形にすることは大前提。そこから、あなたが何をお店に、お客様に与えることができるのか?その視点に立てたとき、給料や立場は一気に上がっていきます。

 

 次は売り上げからみる人件費の見方です。